ハワイで駐在妻始めました。

東京でのワーキングマザーライフから一転、主人の転勤でハワイに行くことになり、駐在妻となった人のブログです。

アメリカ料理のレストラン紹介 その6

自分の誕生日には食べてみたいものを食べようということで、レッドロブスター ワイキキ店に行ってきました。

https://www.redlobster.com/

f:id:hawaii_chuzai:20170508023059j:image

 

ロゴが見慣れないなぁと思っていたら、こんな感じでロゴが変化していったようです。私が見慣れているのは1985年のロゴですね。 

f:id:hawaii_chuzai:20170508072914j:image

 

幼稚園〜小学生の頃、レッドロブスターが近所にあり、両親に行きたいと言っていたのですが、行く前に閉店してしまったので、大変心残りだったのです。数十年越しに来ることができ、感無量!

 

予約していったのですが、18時には既に待ち行列が。結構人気店みたいですね。

 

お通しで出てきた、ガーリックスコーンみたいなパンがおいしかったです。

f:id:hawaii_chuzai:20170508023229j:image 

 

 ロブスター・アーティチョーク・ほうれん草のディップとトルティーヤ、ディップが濃厚でおいしかったです。$11.99

 f:id:hawaii_chuzai:20170508023237j:image

 

メインのロブスターは、1.25ポンドのロブスターが売り切れていて、2ポンドのロブスターを注文。$61.99となかなかよいお値段です。

シーザーサラダかクラムチャウダースープ、さらに2品のサイドが選べます。気づいたらアスパラガスとベイクドポテトを選んでおり、ウルフギャングステーキのときも同じになってました。ちなみにロブスターの調理方法として、蒸すか焼く(シーフードとカニの詰め物あり)かが選べますが、素材の味を楽しみたかったので、蒸すほうにしてみました。

 

ロブスターデカァーー!イケメンのウエイターさんが、殻を割ってくれます。

 

f:id:hawaii_chuzai:20170508023256j:image f:id:hawaii_chuzai:20170507152301j:image

 

ロブスターはやや川魚のような生臭さがありますが、プリプリしていて美味でした。生臭さを溶かしバターで消して食べるんでしょうね。ただ塩をかけるだけでも結構おいしかったです。

 

誕生日ケーキがわりにデザートでも食べようと思っていたのですが、ここまででかなり満腹になってしまいました。

 

並んでいる理由もわかるおいしさでした。特別なイベントのときに来たいレストランです。

ちなみに店内では、ハッピーバースデーソングが2回歌われていて、誕生日で使う人がそれなりにいるみたいですね。