ハワイで駐在妻始めました。

東京でのワーキングマザーライフから一転、主人の転勤でハワイに行くことになり、駐在妻となった人のブログです。

アメリカのクレジットカード その1

アメリカで作るのが大変なものの一つにクレジットカードがあります。

クレジットという単語が表すとおり、クレジットカードは後払いなので、所有者に対する信用が重要というわけですね。

なので、アメリカでクレジットカードを作る場合にはクレジットヒストリーあるいはクレジットスコアがないとカード自体が作れません。

 

日本からアメリカに来た人の場合、日本のクレジットヒストリーは無かったことになるので、クレジットヒストリーゼロからのスタート。クレジットヒストリーを作りたいのに、クレジットカードがないので、ヒストリーを作りようもありません。

 

ちなみに日本のクレジットカード使えばいいじゃんという話もありますが、為替レートの影響を受けるので損になるとか、家計の管理はドルでしたいとか、日本の貯蓄は取り崩したくないとかの理由で、アメリカに住む場合はアメリカのクレジットカードを作ったほうがよいのです。

 

クレジットカードの代わりに、その都度支払うデビッドカードもありますが、デビッドカードで支払えない局面があったり、分割払いができなかったり、キャッシュバックがなかったりと、ちょっと不便なんですよね。

ちなみにデビッドカードは、銀行口座を開設すると口座のカードにデビッド機能をつけることができます。

 

そこで強い味方となるのが、JALANAが提供しているUSAカードです。これらのカードはクレジットヒストリーがなくても、アメリカで定収入のある人なら、年会費を払って作れるカード。ありがたい!!!

しかも日本で申し込めるので、手元にクレジットカードが届くのが早いです。

 

我が家は、海外赴任者用保険(クレジットカード付帯の海外旅行保険ではない)の条件を勘案して、JAL USAカードにしました。

JAL USA CARD - フライトのたびに、ショッピングのたびに、マイルがたまる

f:id:hawaii_chuzai:20170822015549j:image

 

海外赴任者用保険の情報はこちら。

JALファミリークラブ 海外赴任者総合保障制度

 

マイルはスターアライアンス系のANAで貯める派だったので、苦渋の決断だったんですが。。。ま、それは置いといて。

 

JAL USAカードを使って、チマチマとクレジットヒストリーを貯めていたのですが、年会費がかかること、キャッシュバックなどの特典がないことなどから、そろそろ年会費のないカードに移行したいなぁと思っていました。

 

長くなったのでその話は次回!