ハワイで駐在妻始めました。

東京でのワーキングマザーライフから一転、主人の転勤でハワイに行くことになり、駐在妻となった人のブログです。

ハワイ料理のレストラン紹介 その21

娘の七五三のお祝いに、ロイズワイキキで夕食を食べました。

Roys Waikiki

 

日本にもレストランがあるので、有名だと思いますが、ロイヤマグチさんがオーナーシェフのハワイアンキュイジーヌのお店です。

 

奮発して$85くらいのワイキキコースを注文。

 

前菜。タラの西京漬洋風版といった味がしました。西京漬っぽい味が日本を思い出させる。

f:id:hawaii_chuzai:20171114231631j:image

 

サラダ。写真は撮っていませんが、2人前くらいのシーザーサラダでした。

 

メイン。ステーキ、エビ、アスパラガス、マカロニ。ステーキおいしかったです。マカロニがちょっとヘビー。この時点で満腹感が襲ってきます。

f:id:hawaii_chuzai:20171114231832j:image

 

デザート。チョコレートスフレとアイスクリーム。ヘビー過ぎて2ー3口しか食べられず。

f:id:hawaii_chuzai:20171114232009j:image

 

久しぶりのコース料理。とてもおいしかったです。が、完食できず、胃の弱さを露呈することになりました。

サンセットコースは$45で、メインとデザートが同じ(量が少なめ)、前菜がポケなどに変わり、サラダがなくなりますが、量としてはそちらのほうがちょうど良かったかも。欲張り過ぎましたね。

 

娘にはサービスで、チーズケサディアや野菜スティック、チョコレートケーキをいただきました。ありがたい。

 

七五三@神社で嫌な思いをした後でしたが、美味しい料理を落ち着いた雰囲気で食べ、嫌な気分が洗い流された感じ。

特別なときに来るレストランですね。ワインでほろ酔いになりながら、家路につきました。