ハワイで駐在妻始めました。

東京でのワーキングマザーライフから一転、主人の転勤でハワイに行くことになり、駐在妻となった人のブログです。

英語のチューターを雇う その1

ハワイに住み始めたものの、英語を話す機会が少ない当方。このままだともったいないなと思ったので、英語のチューターを雇って、英会話レッスンをしてもらおうと決めました。

 

早速インターネットで調べてみると、アメリカで英語のチューターを検索できるサイトがありました。

wyzant

Wyzant: Find Private Tutors at Affordable Prices, In-Person & Online

 

以下の項目を入力するとチューターの一覧が検索できます。

  • 教えてほしい科目
  • 郵便番号
  • 大人か学生か
  • いつから授業を始めたいか
  • 授業のスタイル(オンラインか対面か)
  • いつ授業を受けたいか

 

検索結果から良さそうなチューターを選んで、ウェブサイト経由で連絡をすることができます。

 

対面で授業を受けたいなと思ったので、ハワイ在住のチューターに連絡をとってみました。初めはメッセージのやり取りが出来ていたのですが、授業のスケジュールを決める段になり、こちらが希望曜日や日時を伝えると、予定が合わなかったのか、返信が全く来なくなってしまいました。

予定が合わないの一言でも返信して欲しかったなぁ。。。

 

そのチューターに連絡をとるときに、他のチューターにも私の情報が共有されることを許可していたので、4ー5人のチューターからメッセージが届きました。

 

その中で、一番熱心そうなミシガン在住のチューターに連絡をとると、スケジュールが合いそうだったので、早速1週間後にお試しのオンライン授業を受けることになりました。

 

 授業の様子についての記事は次回へ続く。