ハワイで駐在妻始めました。

東京でのワーキングマザーライフから一転、主人の転勤でハワイに行くことになり、駐在妻となった人のブログです。

ターキーを焼く

11/23はサンクスギビングデイでした。ということで、アメリカのサンクスギビングデイといえばこれ!

 

七面鳥を焼きました!

どん!

f:id:hawaii_chuzai:20171124144137j:image

 

スーパーで最も小さい3.5キロの七面鳥を買いました。店員さんに足りるの?と言われたのですが、むしろ余るだろ笑 という感じ。

 

娘のベビーシッターさんや英語のチューターさんも、23日の前には七面鳥をどう焼くのかどうかで話題になるほど、アメリカではポピュラーなもののようです。

 

初めて七面鳥を焼くため、出来上がりが大分不安だったのですが、アメリカ生活の長かった義母にレシピを伺い作ってみました。初めてにしてはなかなかの出来だったのではと思います。

 

  1. スーパーで買った七面鳥を3日かかけて冷蔵庫で解答
  2. 焼く前日に、皮と肉の間に手を突っ込んで下味をつける
  3. 下味は、オリーブ油、ハーブミックス、塩、にんにく、こしょうを混ぜたもの
  4. 買った七面鳥のパッケージに書いてあるとおりに焼く
  5. 今回の重量では華氏325度で、3時間焼く(そのうち最後の1時間は皮が焼けすぎないようにアルミホイルに包む)
  6. 食べる前に室温で20分くらいおく

 

七面鳥は味が淡白なので、ベビーシッターさんいわく、七面鳥を焼いたときにでる出汁でグレービーソースを作ると美味しいらしいのですが、ちょっと面倒くさがってやりませんでした。そこで、出汁に醤油を少し入れてソースにしましたが、日本人的にはこれぐらいのアッサリソースのほうがよかったかも。ということで結果オーライでした。

 

友人も来て大人4人で食べたのですが、食べ切れるわけもなく、翌日ターキーサンドウィッチにして食べました!おいしかった〜〜!