ハワイで駐在妻始めました。

東京でのワーキングマザーライフから一転、主人の転勤でハワイに行くことになり、駐在妻となった人のブログです。

ハワイ王朝の歴史散歩

娘と主人がプールで遊んでいる間、ホテルの周りを散策しました。

ホテルがあるのはカイルアコナから南のケアウホウという地域なのですが、1800年代にはカメハメハ一族の集落があったところだそうで、そのときの遺跡が集積しています。

 

遺跡の一覧&地図。

f:id:hawaii_chuzai:20180922050015j:image

 

こちらは、カメハメハ3世が生誕したといわれる誕生岩。

f:id:hawaii_chuzai:20180927025619j:image

 

誕生岩の周辺から切り立った崖の横を散策することができます。カイルアコナは暑かったので日陰が有難い。

f:id:hawaii_chuzai:20180927025636j:image

 

ケアウホウ湾。溶岩の黒さやゴツゴツっぷりが火山島であることを感じさせますね。

f:id:hawaii_chuzai:20180927025703j:image

 

船着場もあり、カヌークラブが利用していました。

f:id:hawaii_chuzai:20180927025731j:image

 

海岸線沿いに他にもいくつか遺跡があるのですが、海側からでないと見られないようです。アクセスしやすくて有名なのは、誕生岩くらいですかね。

これだけ天候がよく、海と山両方の幸を得られる場所なので、王族が居住していたのも納得です。

 

1時間ほど散策して汗だくになりました。それにしてもカイルアコナは空が青いなぁ〜。