ハワイで駐在妻始めました。

東京でのワーキングマザーライフから一転、主人の転勤でハワイに行くことになり、駐在妻となった人のブログです。

ホノルルと東京の生活費を真剣に比較

物価が高いと言われるホノルル。それなりに物価は高いもののデフレな東京。

実際に生活費はどのくらい違うのか比較してみました。

今回は、家賃、電気、ガス、水道、インターネット、TV視聴の各代金を合計してどのくらいになるか見てみたいと思います。

 

条件をなるべく同じにするため、気候が似ていそうなホノルルの5月と東京の10月で比較です。

 

  • ホノルルの場合

家賃(水道、ケーブルテレビ含む)、電気、インターネットの合計で、2400ドル。

1ドル110円換算すると、26.5万円となります。

ちなみにガスのインフラはないので、オール電化ですね。

 

  • 東京の場合

家賃、電気、ガス、水道、インターネット、NHK(BS含む)の合計で、20.2万円

 

ホノルルが東京の約1.3倍という結果になりました。

 

こちらのサイトでは世界各都市の物価指数が比較できます。

Current Cost of Living Index by City

ニューヨークを100としたときの物価指数(家賃を含む)は、

ホノルル83.91

東京69.20

なので、この場合ホノルルが東京の1.2倍になるわけですね。

確かに食費(外食除く)について、肉や果物は東京より安いと感じるので、月の支出で考えると1.3倍が1.2倍くらいにならされるかなという気はします。

 

ホノルルで生活するならば、毎月の一番大きな支出である家賃をどれだけ安くするかが、節約につながるなぁと感じます。

家賃はとにかく高い!やはり観光地のため非居住目的で買う人がいるのが、家賃が上がる理由でしょうかね。買う人がいれば高く売るという経済原理が働いているのでしょう。

 

次に節約できるのは食費。特に外食が高いので、それを控えると即節約ですね。我々一家も東京にいた頃と比べると外食する回数は大分減りました。それでも、私がモノグサなので週一回くらいは外で買ってきてる気もしますが笑

 

今後も慎ましい生活でお金を貯めて、アメリカ国内旅行に行くのが目標です!頑張るぞーオー!!!

 

 

 

 

 

魅惑のラービー

こちらに来てから、月一回、スキューバダイビングを楽しんでいます。

何と言ってもハワイは一年中、暖かく潜れるのが最高ですよね〜!

朝一で二本潜ると、10時半頃には終わるので、その後の一日を有意義に過ごせる気がします。

 

ダイビングはやはり有酸素運動なので、潜り終わるとお腹が空きます。そしてやや身体が冷えています。

やはりそんなときに最も食べたいのは、

ラービー!!!

(ラーメン、ビールの略)

 

先日は、ダイビングのインストラクターさんと一緒にアラモアナショッピングセンターの白木屋でラービーしてきました。

なぜなら、白木屋はグラスビール(結構大きめ)が税込$1なのです!!!

ラーメンは$10くらいして高かったですが、至福の時を過ごすことができました。

f:id:hawaii_chuzai:20170613085956j:image

 

久しぶりにラーメン食べたので、なんだかおいしく感じましたが、普通のラーメンだったと思います。でも、普通のラーメンが海外で食べられるのがすごいですよね。さすがハワイ。

 

娘を主人に預けて、昼からラービー!!なんだか背徳感がありましたが、最高に気持ちよかったです笑

なんだか、好みがおっさん化してきているな。

 

次回のダイビングの後もきっとラービーすると思います。ギョービーでもいいな。

 

 

オーガニックがいいらしい

ハワイで生鮮食品を買おうとするとオーガニックかそうでないかを選ぶことが多いです。

日本でも無農薬とか減農薬とか有機とか色々ありますが、あまり気にしないガサツなタイプでした。どちらかというとお買い得の中からなるべく新鮮なものを選ぶ庶民派スタイルです。

 

以前こちらのコストコに行ったときに、オーガニックバナナとそうでないバナナへの人の群がり方が違うなぁと感じました。オーガニックが圧倒的に人気です。

オーガニックへのこだわりはハワイの人達のほうが強い印象です。

 

ということで、オーガニックといえばコチラ。ホールフーズマーケット。そういえば最近アマゾンに買収されましたね。宅配とか始めるのでしょうか。

それはさておき、ホールフーズのホームページによると環境に優しい方法で栽培されたもののようです。農業で使われている化学製品を避けるためにオーガニックのものを食べるというわけですね。

https://m.wholefoodsmarket.com/about-our-products/organic-food/organic-food-faq

 

なるほど。

 

私たちの身の回りには化学製品が溢れており、特に皮膚には化学製品を嬉々として塗りたくっているわけですが、身体の中には化学製品をいれないほうがいいのかなぁ。

 

私としてはおいしければ、オーガニックでもそうでなくてもどちらでもいいので、今後それぞれ買ってみて違いを感じていきたいと思います。

 

 

 

 

ヒルトンハワイアンビレッジのラグーン

ワイキキにあるヒルトンハワイアンビレッジ。

こちらのラグーンと隣のビーチは、宿泊者でなくても使えるため、意外と地元の人も行っています。

 

先日、友人と行ってきました。

f:id:hawaii_chuzai:20170613085425j:image

 

ラグーンは波がないので、娘が怖がることなく楽しく遊んでいましたが、ラグーン内の水がめっちゃ冷たい!外が暑かったので結果オーライでしたが、ずーっとラグーン内にいると身体が冷えるかもしれないです。

一方でビーチのほうは温泉のように温かかったです。ラグーンは水を循環させているから冷たいのかな?

 

芝生のところに日陰もあるので、リゾートでのんびり気分が味わえます。気づいたら2時間ほどゆっくりしていました。

ハワイに来た旅行者気分を味わうには、少しオシャレして行ったほうがいいかも。

レナーズベーカリーのマラサダ

今までも何回か紹介した揚げパンのマラサダですが、マラサダといえばレナーズベーカリー!

ということで、ホームパーティーをしたときのおみやげにいただきました。

f:id:hawaii_chuzai:20170531162130j:image

 

マラサダは元々はポルトガルのパンなんだそうです。レナーズベーカリーの創業者の祖父母がポルトガルからの移民だったので、マラサダを作るようになったとか。

本場ポルトガルのマラサダもいつか食べてみたいなぁ。

https://www.leonardshawaii.com/home/

 

ベーシック、シナモン、リリコイの3種があったのですが、やはりベーシックが一番美味しいと感じました。

f:id:hawaii_chuzai:20170531162153j:image

 

1個でもかなりのカロリーでパンチがあったので、余った分は冷凍。

しばらく朝ごはんには不自由しなさそうです。

ジャンクフードでもヘルシーに食べる

アメリカの魅力の一つでもあるジャンクフード。とにかく色々なお店があり、危険なうまさで私たちを魅了しています。

 

週末、自炊するのが面倒なときにジャンクフードにお世話になることがあるのですが、あるとき、二日酔いでジャンクなものを食べる気にならないときがありました。

 

そんなときの強い味方が、サブウェイ!!!

サブウェイと言えばサンドウィッチですが、実はパンなしで注文できるのです。

 

サラダだけ頼むとめっちゃヘルシーになります。$8.25で実は$6.25のサンドウィッチより高い。

f:id:hawaii_chuzai:20170531161729j:image

 

アメリカのサブウェイで注文するのは次から次に選択を迫られて、至難の技なのですが、そこをなんとか頑張りたいところです。

ちなみにこちらのサラダを頼んだときは、

 

  • サラダ全体をチョップするかしないか
  • ハムの種類
  • チーズの種類
  • 野菜の種類
  • ソースの種類
  • 唐辛子をいれるかいれないか
  • サルサの種類

 

をなんとなく選んだところ、甘酸っぱいサラダになりました。

次回はどんなサラダにしようかなぁ。

 

フィッシング詐欺に引っかかりそうになる

スマートフォンユーザーの当方ですが、これまで二回程、フィッシング詐欺にあいそうになったことがあります。

ちなみにフィッシング詐欺とは、個人の重要情報(クレジットカード番号とか住所とか)を騙し取られることですね。

 

一回目がこちら、ウォールマートのギフトカード$1000が当たったよ!というもの。

f:id:hawaii_chuzai:20170615155252p:image

何かのウェブサイトを見ていたらいきなりこの画面が出てきて、マジかよ!と入力しそうになりました。

しかし、次へボタンを押しそうになるところをグッとこらえて、ウォールマートのギフトカードについて検索してみると、典型的なフィッシング詐欺であることが判明。

 

危なく入力してしまうところでした。

 

二回目は、突然電話が鳴り、「これが最後の通知です。あなたのロイヤルクレジットが無効になります。無効にしたくなければ、1。ロイヤルクレジットについては、2。を押してください」的な、自動応答が流れてきて、ナンジャコリャとあわあわしているうちに、電話が切れてしまいました。

なんだったんだろうとかかってきた電話番号を調べると、ハワイ島にあるカーペット屋さんの電話番号。

どうもフィッシング詐欺だったようです。

 

日本語だとフィッシング詐欺の検知能力が高いのですが、英語だとあわあわして引っかかりそうになりますね。

みなさんもご注意ください。