ハワイで駐在妻始めました。

東京でのワーキングマザーライフから一転、主人の転勤でハワイに行くことになり、駐在妻となった人のブログです。

ノードストロームラックで買物

日本とハワイでファッションの流行が違うなぁと感じます。

我が家の近くにヨガスタジオがあるからかもしれませんが、アスレジャーファッションの人が結構多いですね。

アスレジャー以外では、Tシャツにショートパンツやスキニーデニムとかピッタリした服装の方が多い印象。

年中暑いので肌の露出多めですね。

日本でのユルフワファッションが懐かしいです。

 

そこで、日本から持ってきたデニムをアップデートすべく、ノードストロームラックで買ってきました。

 

ボーイフレンドデニムという割にはピッタリめの七分丈デニムです。30代のショートパンツは正直キツいのでね笑

f:id:hawaii_chuzai:20170822031225j:image

 

カットフロムザクロスというブランドで、定価$89が$39.97で約5割引でした。

KUT from the Kloth. Your Fit. Your Style.

 

サイズ感がちょうどよかったのですが、サイズ探しで今回勉強になったことがありました。

 

私の身長は日本人女性の平均値158センチです。しかしアメリカの中ではかなりおチビ。

そこで、160センチ以下の人向けサイズのpetitesがオススメです。このpetitesのなかでウエストやヒップのサイズのバリエーションが0p〜14pくらいまであります。私は体重も平均的な日本人ですが、今回のデニムは2pでちょうど良かったです。

ブランドにより大きさが少しずつ違うので、petitesの中で色々試着してみるのがオススメです。

ご参考までにサイズ対照表。

海外とのサイズ表示比較 | 繊維ファッション産学協議会 - FASHION BIZ NAVI【ファッションビズナビ】

 

ちなみにpetitesでないデニムも試着してみたのですが、脚が短すぎて、「殿!」みたいな感じになりました笑

f:id:hawaii_chuzai:20170822034952j:image

こういう場合は裾上げが必要ですね。本家のノードストロームでは裾上げサービスがあるようですが、ノードストロームラックはアウトレットなので多分裾上げサービスやってなさそうです。

 

裾上げが面倒くさい人、フィット感を大事にする人にはpetitesがよいでしょう。

 

いやはやアメリカには色々な人種の方がいるのでサイズの多様性が豊かだなぁと思います。