ハワイで駐在妻始めました。

東京でのワーキングマザーライフから一転、主人の転勤でハワイに行くことになり、駐在妻となった人のブログです。

サンフランシスコで泊まったホテル

サンフランシスコ市内観光が便利にできることを考えて、ユニオンスクエア近くのクリフトというホテルに泊まりました。

San Francisco Boutique Luxury Hotel | Clift Hotel

 

  • よかった点

市内観光のアクセスという点では、バスやバートと呼ばれる電車、ケーブルカーにすぐ乗れるのでとても便利でした。

 

1階のロビーに沢山椅子があり、朝と昼は飲物が提供されるので、チェックアウト後もゆっくりできます。またロビーの壁に動物の写真のタイルがたくさんあるので、娘にとって飽きないつくりになっていました。

 

古いホテルながらも清潔で、広く、ゆっくりすることができました。

 

娘はかなりホテルが気に入ったようで、疲れてくると「ホテルかえる!」と言っていました。 

f:id:hawaii_chuzai:20170916154243j:image 

 

  • しくじった点

こちらのホテル、夜になると1階のレストランがクラブになるため、イケてる若い男女が踊り&飲みにやってきます。

夕食から戻ってくるときや、到着日に夜遅くなった場合に、子連れにとってはかなりイマイチな雰囲気になります。

なんだか、沖縄から福岡に観光に来た人が間違えて中洲のど真ん中に宿をとってしまった感じ。。。という例えで伝わりますかね?

とにかく家族向けホテルではなかったなという印象です。

 

アメニティで歯ブラシと電気ケトルがないのが痛かったです。近くの薬局でインスタントラーメンを買って食べたいなと思ったのですが、電気ケトルがないことで断念。

その代わり、朝は1階でコーヒーとお茶のサービスがあるので、その点はよかったかな。

 

朝食のブュッフェが値段の割にしょぼい。そしてブュッフェなのにチップ込みで1人あたり$30超えはありゃりゃです。$10オフ券がついてなかったら行かないですね。

 

この写真でそのしょぼさが伝わりますでしょうか。 訳あって、このブュッフェを食べたのは私だけだったのが不幸中の幸いでしょうか。。。

f:id:hawaii_chuzai:20170916154923j:image

 

  • まとめ

文句ばっかりたれてしまいましたが、結果としてホテルの居心地はよかったです。段々慣れてくるとクラブもそこまで恐るるに足らずという感じになってきました。娘が気に入ったのがなんといっても一番ですね。