ハワイで駐在妻始めました。

東京でのワーキングマザーライフから一転、主人の転勤でハワイに行くことになり、駐在妻となった人のブログです。

絵本のススメ

娘は大変な絵本好きでして、引越し荷物でも絵本が一番重かったんじゃないかというくらい、絵本をたくさん持っています。

ハワイに来てからも絵本を心の支えにして、周囲の環境に慣れようとしているのが伝わってきており、絵本を持ってきてよかったなぁと思います。

 

これまで子育てをしてみて絵本の効果ってどんなところにあったかなぁと思い出してみると、

 

・言葉が早かった

保育園に行っていた効果な気もしますが、結構すぐ言葉が出ていたようにも思います。

 

・色々な知識が取り入れられる

魚釣りとか実際行ったことないけど、絵本で知っているとか、動物の名前や生活の色々な場面を学ぶのに役立っていそうです。

 

・絵本の真似をしてみようとする

絵本の〇〇ちゃんみたいに△△してみようよと呼びかけると真似してみようとするので、イヤイヤのときに助かります。

 

こんなことが挙げられるかなと思います。

 

一方で絵本の大変な側面というと、

 

・エンドレスループ読み

1歳から1歳半のとき、新しい絵本を手に入れると20〜30回程度繰り返して読んでほしいと要求するようになりました。最初はいいのですが、だんだん苦痛になってきます。今でも「もっかい!」「マジで〜」というやり取りをよくやってます。

 

・絵本の真似をしようとする(再掲)

ちょっと真似してほしくないことをあえてしてみてくれます。

熊が池に飛び込んで魚を捕まえる場面を、池で再現しようとしたり。

 

・なかなかひとり遊びしてくれない

絵本が一番楽しい遊びなので、読み手を必要とするため、ひとり遊びをなかなかしてくれないです。

 

という感じでしょうか。

 

まとめると絵本は子どもにとってとてもいい効果があるけど、それに付き合う親は大変だねってことでしょうね。

これからぼちぼち、娘にウケた絵本を紹介していけたらと思います。英語の絵本とかも試してみたいですね。