読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ハワイで駐在妻始めました。

東京でのワーキングマザーライフから一転、主人の転勤でハワイに行くことになり、駐在妻となった人のブログです。

ハワイでベビーシッターを探す

ハワイに来て数ヶ月。専業主婦って、子育て家事に終わりがないし、忙しいんだなぁと実感する日々です。

初めのうちは疲れて、昼寝や夜寝のとき娘と一緒に寝てしまい、あーー私の大切な1人時間がーーーーっ!と嘆いていましたが、最近はなんとか起きられるようになってきて、本を読んだり、ネットサーフィンをできるようになりました。

 

だがしかし!東京では保育園に預けて仕事に出ることで自分の時間を確保していたのを考えると、自分時間が圧倒的に少ない!

週に数時間でもベビーシッターを雇って、ダイビングしたり、本を読んだり、英語の勉強をしたいという思いがムクムクと湧いてきました。

あと、親戚がいない中で自分自身が体調を崩したときに誰か頼れる人を作っておくという、リスクヘッジの観点も重要かと思います。

 

そこで、一念発起し、ベビーシッターを探すことにしました。地縁血縁のないこちらでベビーシッターを探すのは大変です。

ちなみにプリスクールも考えましたが、日本の保育園の5倍くらいの値段がするので、私もフルタイムで働かないと通わせられない感じです。

 

○まずは主人の会社に相談してみた

主人の会社の人事部に、いいベビーシッターはいないかと聞いてもらいました。

ハワイでは家族で、つまり祖父母が孫の面倒を見るのが通常のため、ベビーシッターはなかなか見つからないかもとのお答え。。。

チーン。

でも、近所のベビーシッターを紹介するマッチングサービスを教えてもらいました。インターネットって本当に素晴らしいですね。

ケイキシッターズ

http://keikisitters.com/

 

○インターネットでのベビーシッター探し

教えてもらったサイト以外にも、自分で探してみて、二つのベビーシッター紹介サービスを見つけました。

シッターシティ

https://www.sittercity.com/

ケアドットコム

https://www.care.com/

 

どのサービスでも、ベビーシッターのプロフィールや提供可能なサービス、スケジュールなどが無料で閲覧できますが、ベビーシッターへ連絡するためには料金が発生します。

例えばケイキシッターズの場合月$29、シッターシティの場合月$35、ケアドットコムの場合月$39です。(1ヶ月のみの利用の場合)

私はケチですので、初回1ヶ月分が無料になるシッターシティを迷わず選択。

 

○ベビーシッターの検索

 自宅住所の郵便番号を入力して検索ができます。プロフィールやスケジュールをチェックし、娘のこと預けられそうかなぁと考えながら、本能に従いながら探しました。

その中で2人くらいに絞り込み、メッセージを送ってみました。

1日経過。

2日経過。。

3日経過。。。

全く音沙汰なしです。

ダメかぁということで、次の手を打つことにしました。

 

○求人を出す

埒があかないので、シッターシティのサイトに自分の希望の条件を書き込んで、ベビーシッター募集!と掲示を出してみました。

翌日には3人のベビーシッターからの申し込みが!ありがたい!

条件が合い、レビューでの評判も良さそうな方にメッセージを送ったところ、とんとん拍子に顔合わせをすることになりました。

 

○ベビーシッターさんと顔合わせ

日時をSMSでやり取りし、ベビーシッターさんと自宅で顔合わせしました。

娘は「こんにちは」と言えていたので相性は大丈夫そうなのではないか。。。と感じます。

自己紹介してから、駐車場の使い方、自宅の入り方やオムツ、タオルの場所等を教えたりしました。

気になる謝礼については、ベビーシッターさん側からこの金額でいきたいと希望があり、予算内だったので、それでOKしました。支払い方法は何でもよいそうです。小切手挑戦してみようかなぁ〜。

 

週明けから初めてのベビーシッター!自分の都合のために頼みましたが、娘にとってもよい経験になるといいなと願っています。 

 

ちなみにアメリカ本土の方はシッターシティ等で、ハワイ旅行中のベビーシッターを手配し、夫婦でディナーを食べに行くというような使い方もしているみたいです。頑張れば日本からも手配できるかも。。。おそらくホテルのベビーシッターサービスと比較すると格安です。多分、1時間あたり$15くらい安いと思います。